Safety Management Declaration

輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。
  2. 現場における安全に関する声に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全が、最も重要であるという意識を徹底させる。
  3. 輸送の安全に関する計画の制定、実行、チェック、改善を確実に実地し安全対策を不断見直す事により、絶えず輸送の安全性の向上に努める。
  4. 輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。
  5. 関係法令等の遵守と輸送の安全の確保が最も重要である

輸送の安全に関する予算

平成30年度予算

  1. 社員全員の免許経歴記録証明書の取得
  2. 自動車事故対策機構の講師による安全講習会
  3. 最先端の安全運転支援システムを導入した新型車の購入
  4. 管理職安全セミナー受講
  5. 講習対象者に一般診断受講

輸送の安全に関する重要施策

  1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守すること。
  2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。
  3. 輸送の安全に関する内部調査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じる。
  4. 情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達共有すること。
  5. 教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実地すること。

安全管理規程 第四条より抜粋

輸送の安全に関する目標

平成29年度目標達成結果

車内事故ゼロ 0件
交通違反者ゼロ 0件
人身事故ゼロ 0件
労災事故ゼロ 0件
重大事故ゼロ 0件

 

平成30年度 安全目標

平成30年度目標

  • 車内事故ゼロを目指す!
  • 労災事故ゼロを目指す!
  • 交通違反者ゼロを目指す!
  • 人身事故ゼロを目指す!
  • 後退の際、目視し接触事故をなくす!
  • 重大事故、及び物損事故ゼロを貫徹

北都べリアールサービス株式会社
代表取締役社長 木村 寔

輸送の安全に関する内部監査体制

  1. 監査対象部署 貸切事業部
  2. 平成30年8月
  3. 監査員 安全統括管理者 高橋 政幸
    営業課長 斉藤 良吉
    監査役  木村 行宏
  4. 安全マネジメント運営状況
    目標達成状況 有責人身事故1件、車内人身事故1件があり目標達成に及びませんでした。
    計画進捗状況 輸送の安全にかかる計画は、計画に沿って実施しております。
  5. 内部監査修了後 代表取締役社長に報告 その後役員会議にて内容把握と再発防止に取り組む

2019 Safety priority goals

・Accident prevention at the time of retreat

・Accident prevention by health cause

平成30年度年間教育計画

4月 春の交通安全運動の実施(4/6〜4/15)運動重点参照
ドラレコ映像を活用した事故・ヒヤリハットの事例。運転特性に応じた安全内容
自動車事故対策機構(NASVA)職員による安全研修会を実施
5月 乗客が乗降するときの安全を確保するために留意すべき事項
バスの構造上の特性
乗務員ミーティング
6月 健康管理の重要性
乗車中の旅客の安全確保するために留意すべき事項
7月 夏の交通安全運動の実施(7/11~7/20)
安全性の向上を図るための装備を備えるバスの適切な運転方法
ドラレコ映像を活用した事故・ヒヤリハットの事例。運転特性に応じた安全内容
8月 バスを運転する心構え
労働法・改善基準の周知徹底
乗務員ミーティング
9月 秋の交通安全運動の実施(9/21~9/30)運動重点参照
交通事故に関わる運転者の生理的及び心理的要因並びにこれらへの対処方法
10月 運転者の適正に応じた安全運転
健康診断結果をもとに健康管理指導
ドラレコ映像を活用した事故・ヒヤリハットの事例。運転特性に応じた安全内容
11月 冬の交通安全運動の実施(11/11~11/20)運動重点参照
危険の予測及び回避並びに緊急時の対応方法
乗務員ミーティング
運輸安全マネジメントセミナー(NASVA)運行管理者が参加
12月 異常気象時における対処法
冬型事故の特性。車両火災時の対策
1月 非常用信号用具、非常口、消火器の取り扱い
バスジャック・災害時の対策
ドラレコ映像を活用した事故・ヒヤリハットの事例。
運転特性に応じた安全内容
2月 バスの運行の安全、旅客の安全を確保するために遵守すべきこと
運行通路における道路及び交通の状況
乗務員ミーティング
3月 事故事例をもとに交通事故対策
運輸安全マネジメントの達成結果